コメント、トラックバックについては承認制を取らせていただきます。


by chirimendonnya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『ライオンボーイⅡ 奇跡の翼』ジズー・コーダー(著)、枝廣 淳子(訳)PHP研究所

あらすじ:
近未来のロンドン。正体不明の組織に両親を誘拐されたチャーリーは、ライオンたちとともにベネチアへ。囚われの身の両親も何とか組織から逃げ出そうと試みる。協力者と思っていた人間が実は裏切り者だったり、意外な人物が意外なきっかけから協力者になったり、なかなか先が読めない。はたして、チャーリーと両親は再会できるのだろうか。

人気ファンタジーの第2巻。派手なPR,人気イラストレーター天野喜孝氏による魅力的なイラスト、そしてドリームワークスによる映画化決定(良い意味でシンプルなストーリーなので、結構期待しています)ということで、多少話題先行の感はあります。強いこだわりがある方(正直、位置から別世界を作り上げるような話やつっこみどころのない完璧な話を求める方には向かないと思います)は少し検討の必要がありますが、そうでない方は手に取ってみてそう損はしないのではないでしょうか。

特に、最近のファンタジーの主人公で良くいるちょっと暗い少年にうんざりしている人は一読の価値有り。主人公のチャーリーは少々生意気なところはあるけど、明るく活発な少年で、読んでいてストレスを感じません。


原書のサブタイトルは”The Chase”で、それにふさわしい追いかけっこが展開されます。一冊目に続いて引きの強いストーリーで読み始めると一気に読めてしまいました。深みはそんなに感じないけれど、逃げる側は全力をかけて逃げ、追う側も必死に追っかける明快なストーリーは、結構面白いです。
[PR]
by chirimendonnya | 2004-12-12 19:32 | ファンタジー