コメント、トラックバックについては承認制を取らせていただきます。


by chirimendonnya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

スクール・オブ・ロック

あらすじ:
デューイはロックミュージシャンとしての成功を夢見る男。しかし、家賃を何ヶ月間も滞納し、ルームメイトの彼女からはゴキブリ扱い。さらには過剰なパフォーマンスをメンバーにいやがられ、バンドもクビ。夢も希望もなくなった彼だが、親友になりすまして名門小学校の代用教員になることに成功。適当に言いくるめ、子供達と一緒にロックフェスティバル出場を目指すことになった。


公開時から気になっていた作品をようやく見ることができました。新聞広告で知ったときから何か心惹かれていましたが、自分の勘を信じて良かったです。そもそも誰かが何かをがんばるのを嫌いな人はあまりいないけど、この映画はつぼを押さえつつ、舞台が学校ならではの設定を盛り込んでいて、なかなかユニークだと思いました。約110分をテンポ良く見せています。エンドクレジットも立派に映画の一部なので本編終わってすぐデッキを止めては行けません。

主人公をはじめとする登場人物それぞれ個性的かつ憎めないところがあって、好感が持てます。まず、ダメ男だけど、ロックにだけは情熱的な主人公デューイ。演じるジャック・ブラックがすごく表情豊かで彼を見てるだけで飽きません。ちょっと濃すぎだけど。顔は別に似ていませんが、芸風が出てきたばっかりのジム・キャリーに通じるところがあります。ミュージシャンというだけあって、歌もうまいです。生徒も容姿性格ともに派手地味色々な子がいて、誰か一人は感情移入できたり、応援したくなる子がいるはずです。

この映画のキモはバンドメンバー以外の子にも何らかの役目が割り振られていたこと。全員が何かの役目があったからこそ、あんなに団結できたんだと思います。そして、バンド活動を通して全員が成長し、自信を持ち、信頼しあっていくのは良いものです。最初はニセ先生の苦肉の策という感じだったけど、全員に役目を与えたり、生徒の話をちゃんと聞いたりできるあたり、デューイは結構いい先生だと思いました。

家族で見たので吹き替えをセレクト。特にあっていないと感じた役はありませんでした。校長先生役はぴったりだったと思います。もちろん、歌の部分は吹き替えではありません。
[PR]
by chirimendonnya | 2004-12-31 16:53 | 映画