コメント、トラックバックについては承認制を取らせていただきます。


by chirimendonnya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ターミナル

あけましておめでとうございます。
この映画は1月1日に見に行きました。11時30分くらいから上映の回で見に行きました。劇場の入りは8割くらい。年齢層は20歳以上の各年代は満遍なくいて男女比も半々くらい。終わって出たときには、待っている人が長蛇の列をなしていて人気のほどが伺えます。

で、この映画”愛と涙の感動ドラマ”というような宣伝のされ方をしていますが、それはちょっと間違っているような気がします。この宣伝文句だとなんだか全然笑いの要素がなく、前編眉間にしわ寄せているような話に思えますが、普通に結構笑えました。劇場の中でも結構笑い声が起こっていたし、もっとコメディであることを前面に出した方が良かったのではないでしょうか。そういう要素がないわけでもないけど、ちょっとあってないように思いました。感動ドラマにしといた方が入りがいいのでしょうか。ともあれ、人情有り、恋有り、もちろんトラブル有りで結構楽しい話なので、誰が見てもかなりの確率で満足すると思われます。

トム・ハンクス演じる主人公はアメリカに来た当初は英語がほとんどわからない設定で、最初のうちは空港の係官と珍問答を繰り返します。その様子が英語があまり得意でない私にとっては多少思い当たる節があって、共感度が高いです。そして英語マスターの過程も結構参考になります。管理官からいろいろ妨害されながらも、くじけず空港内で金を稼ぐ方法を編み出したりする様子も面白いです。何より彼はとてもナイスガイ。ちょっととぼけていて優しい人柄です。だから、ちょっとうまく行き過ぎな話でも、終盤以外は素直に喜べました。でも、終盤の展開はちょっと無理があり、何だかなあという気分になってしまいました。感動をねらったつもりが強引すぎてしらけてしまったり、ほろ苦さを入れるつもりだったかもしれないところがそうするならこのエピソードは削って欲しかったところがあったりして、ちょっと残念でした。どうせなら、たとえご都合主義でも、もっと素直に進めて欲しかったです。
[PR]
by chirimendonnya | 2005-01-03 15:05 | 映画