コメント、トラックバックについては承認制を取らせていただきます。


by chirimendonnya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

『チョコレート工場の秘密』ロアルド・ダール      評論社

原題『Charlie and the Chocolate Factory』。洋書で読んでもいいけど、ちょっとだるかったので、翻訳版で。ロアルド・ダールのもっとも有名な作品で、近々2回目の映画化(監督:ティム・バートン、ジョニー・デップ他出演)も決定しています。

あらすじ:
世界一おいしいワンカ氏のチョコレート工場。でも、ここ10年誰も工場に出入りする人を見たことがない。そんなある日、世界でたった5人だけ工場に招待されることになった。チョコレートのパッケージを開けてみて金色のチケットが入っていたら、当選だ。かくしてチケットを手に入れるための買いだめ競争が始まったのだった。結果、4人までが大金持ちの子供で決定した。残りの1枚は・・・とっても貧しい家の子供チャーリーの手に。さて、5人の子供と付き添いの大人達はどんなものを見るのか。

正直、チャーリー以外の子供達への仕打ちはブラック過ぎてついて行けない部分もあったのですが、最後みんな無事だったのがわかったので救われました。あそこまでひどい目に遭えば本人家族ともに、ちょっと反省したでしょう。教訓を生かしてまともに成長することを祈ります。

時々、ストレートすぎるくらいストレートなメッセージが盛り込まれています。でも、読み終わってみるとそんなに気になりません。あまりに奇想天外でカラフルで楽しいせいでしょうか。チョコレート工場の中については、色々と想像を巡らせていたのですが、想像を超えていました。次々と繰り出されるおいしそうなお菓子と風景にノックアウトです。文章でもこんなに素敵なんだから、映像化されたらどんなに素敵なんでしょうか。わくわくします。

全ての要素が極端(だから、駄目な人は駄目な作品だと思います)なのに、その全てが絶妙なバランスのとれた作品です。それでいて、押さえるところは押さえていて読後感は爽やかでした。これって、ダールの術中にはまってしまったということですよね。本当にすごい作品です。
[PR]
by chirimendonnya | 2005-02-26 20:18 | ヤングアダルト