コメント、トラックバックについては承認制を取らせていただきます。


by chirimendonnya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『鏡のなかの迷宮』光る石 カイ・マイヤー  あすなろ書房

3部作の2作目です。

あらすじ:
メルレは自分の体内に宿った水の女王、黒曜石のライオンとともに一路エジプトへ。道中、謎の存在「冬」と出会う。
一方、ベネチアでは復活したエジプト王アメンホテプ王が圧政の限りを尽くしていた。反乱軍に加わったゼラフィン達の運命はいかに。

3部作の真ん中ということで、”ため”の巻です。正直、メルレと水の女王、ライオンの道中はあまり楽しくないです。メルレは親友ジュニパやゼラフィンといるときの方が気持ちが入っていると思います。謎の存在「冬」など、興味を引かれる部分もありますが、地獄にたどり着くまでは少し退屈しました。地獄について初めて、話が大きく動き始めます。謎が解き明かされはじめ、いやでも次が気になります。

さて、この作品では多くの固有名詞が実在のものから取られています。その固有イメージをうまく使いつつも、誰も見たことのない新たなイメージを創造しているのも魅力の一つです。中でも魅力的なのがスフィンクス。本来は上半身が人間で下半身がライオン。ここでは、魔力で普通の人間の姿になることもでき、作中で大きな役割を果たします。
[PR]
by chirimendonnya | 2005-02-28 08:11 | ファンタジー