コメント、トラックバックについては承認制を取らせていただきます。


by chirimendonnya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

『鏡のなかの迷宮』ガラスの言葉 カイ・マイヤー  あすなろ書房

3部作の最終巻です。締めくくりにふさわしい内容になっています。

あらすじ:
裏切りにショックを受けながらもどうしても見捨てられず、ジュニパをつれて地獄から脱出したメルレ。苦難はこれで終わりではなく、もっとつらい出来事が彼女を待っていた。

前巻でためをしっかり作っておいて、みごとに完結しました。全ての謎が解き明かされ、諸悪の根源となっていたものも滅び、世界は再び平和を取り戻します。しかし、解決法が残酷な上、ちょっととってつけたように感じたので、やや複雑な気分です。ハッピーエンドでないから悪いのではなく、もう少し納得できる形を望みたかったです。「愛のために」といえば聞こえはいいけど、ちょっとやりきれません。

少し納得できないところはありますが、シリーズ通してとても面白かったです。豊かなイメージを駆使し、全くの架空の世界なのに風景が目に浮かぶようでした。はらはらさせながらも、落ち着いたストーリー運びはなかなかのものです。
[PR]
by chirimendonnya | 2005-03-01 14:08 | ファンタジー