コメント、トラックバックについては承認制を取らせていただきます。


by chirimendonnya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

マツケンサンバ!

今をときめく松平健を見に行って参りました。正確には昨日の話ですが。近くの文化センターで公演があったのです。

客層は幼稚園児からお年寄りまで幅広く、普通のコンサートではちょっとあり得ないなあと思いました。グッズの中ではサンバ棒2000円也がよく売れたようです。小さい子が手に持って振り回してるのは結構かわいいものです。両端に銀のはたき風の飾りが付いていて棒の部分が電源をいれると光ります。電源いれてないと、田んぼにある雀を追い払う飾りを思い出したりして・・・。田舎に住んでいるのがばれますね。

歌手としてマツケンサンバ以外にヒット曲があるわけではないので、2時間もどうするのかという不安はありました。実際、暴れん坊将軍の挿入歌などの演歌な曲では盛り上がりもいまいちだったし。やっぱりラテン風味歌謡の時が客席は盛り上がりました。何風ともいえない無国籍なダンスとぎらぎらの派手な衣装、凝った照明でなかなか楽しい時間を過ごせました。トークは始めと終わりのご挨拶くらいであとはほとんど歌と踊りです。まあ、トークは余り上手じゃないないからあれくらいでちょうどいいかと。それにしても50歳であの激しい振り付けを10何曲もこなすとは、すごい体力です。恐れ入りました。全員お目当てのサンバがアンコールも含めて3回もやってくれました。マツケン様、ありがとう。

席が顔立ちまではっきり確認できるくらい前で結構細かく見れました。マツケンは余り大柄ではないけど、肩幅が広く、そして顔が大きかったです。あのプロポーションだとタキシードはあまり似合わなそうです。着物と中華風衣装だったのは大正解(失礼)。その距離でも全員同じ顔に見える腰元ダンサーズの皆さん、一体どんなメイクなんだろうか。

そしてある意味ステージ上の出演者より注目だったのは2階席最前列の皆さん。全員マイ・サンバ棒でステージ上にものすごい声援を終始送り続けていました。コアな追っかけなのかそれとも・・・。明らかにノリが違うのでそっちに注目する人もいたりして、ちょっと注目されていました。普通、一階席最前列にいるタイプの人たちなのでそういう意味ではちょっとニュータイプです。
[PR]
by chirimendonnya | 2005-05-22 22:13 | 日記