コメント、トラックバックについては承認制を取らせていただきます。


by chirimendonnya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今年はいつになく・・・

いつもお正月はあまりテレビを見ないんですが、今年は珍しく色々な番組を見ました。

見たのは
・東京フレンドパーク(八犬伝演者が出演)
・里見八犬伝
・古畑任三郎(4日、5日)
・女王蜂


 3日は「新撰組!!土方歳三 最後の一日」、「古畑任三郎」、「里見八犬伝」とどれを見ようか迷いましたが、結局前日に前編を見た八犬伝を見ました。時々、こんな話だったか?と思うような部分もありましたが、もともとつっこんでもしょうがないタイプの話だし、結構楽しく見ました。二回で終わるので展開が早いのも私向きでした。うまい下手は別にして出演者がどの人もよかったです。ギャルっぽくて嫌いだった山田優も今回はきりっとしていて、ちょっと好きになりました。主役を張ったタッキーは青系の衣装が素晴らしく似合っていたし、ヒーローらしくて良かったです。こういう娯楽っぽいドラマの方が会っているかもしれません。

 見ていて衣装がとにかく素敵でどんな人が手がけたんだろう?と気になっていたら、ワダエミでした。素敵なわけです。ロケもきちんとやったようだし、正月だからお金かけたんだなーと思っていたら、最後DVDかのお知らせが・・・。まあ、今はその方が確実に元が取れるんでしょうね。


4日と5日は古畑任三郎。実は3日の初回を一番見たかったんですが、あきらめました。あらすじを読む限りでは一番面白そうだったので、残念です。

 二夜目の犯人はイチロー。演技自体は素人にしては悪くないとは思いましたが、本職でない人を使うのは色々と大変だったのでしょうか?時間が短かった割には面白くなるまでに時間がかかったし、トリックにも無理を感じました。

 三夜目の犯人は松嶋菜々子。前夜より話としては数段面白く、筋も結果も良くある感じだったけど、面白かったです。一人二役で人によっては最後まで犯人がわからない作りになっていたのが良かったのかもしれません。


そして昨日の「女王蜂」。このシリーズは毎年楽しみにしています。正月ドラマの中では一番CMが少なく、イライラすることがありませんでした。それなりにきちんと見せないと、結末が生きてこない話のせいでしょうか?犯人を当てたと喜んでいたら、全然違っていました。最後まで報われない愛情は悲しすぎます。オチまで単なる怪しい人だと思っていたので、謝りたくなってしまいました。
 最後まで二転三転する話の面白さ、レトロな雰囲気で最後まで飽きずに見ました。来年もやるなら見ようと思います。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-01-07 20:56 | テレビ番組