コメント、トラックバックについては承認制を取らせていただきます。


by chirimendonnya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

世界フィギュア女子

昨日の晩は手に汗握り、テレビに見入りました。
多すぎるCMと出演者のおしゃべりにはいらいらしたけど、
選手の演技の時には集中です。

結果はご存じの通り。
安藤美姫選手が初優勝を飾りました。
ショートプログラムで驚異的な得点を出したキム・ヨナ選手がまさかの2度の転倒。
そしてその後の浅田真央選手のトリプルアクセル成功の演技で
これまた驚異的な得点が出て、なんだか優勝は決まったかのような騒ぎぶりでしたね。
素人がプロの採点にケチをつけるのはいけないのですが、
「ああ、この子を優勝させたいんだな」
というのが感じられて、ちょっとしらけてしまいました。
トリプルアクセル成功は良かったけど、いつもに比べてあんまりスピード感がないような気がしてたし、そんなにいい演技だとは思いませんでした。ジャンプ以外ではかえってショートプログラムの方が良かったかも。

その後登場のディフェンディングチャンピオンのキミー・マイスナー選手も転倒。

そして、いよいよ安藤選手の出番です。
たった1年で話し方も中身もずいぶん成長した彼女を見るたび感心するし、
何より見ている方にも気持ちが伝わってくるような演技が好きです。
だから、もう決まりっぽいけどいい演技をして欲しいなと思いました。
内容はジャンプの高さもあったし、大きなミスが見あたらない内容。
昨夜は転倒する選手が続出で、こういう内容の人はほとんどいなかったので、
なんとか勝たせてやって欲しい、と、祈るような気持ちでした。
点数が出て、高得点でしたが、浅田選手の高得点の印象が強すぎて
どっちが勝ったんだろうと思いました。
最終結果が出て、優勝が決定したときは思わず歓声を上げてしまいました。

色々な壁を乗り越えてきた涙にいいところなく終わったオリンピックや
その後のバッシング、今期の復活を思い、感動しました。
安藤選手、本当におめでとうございます。
[PR]
by chirimendonnya | 2007-03-25 10:31 | 日記