コメント、トラックバックについては承認制を取らせていただきます。


by chirimendonnya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:日記( 107 )

近所のレンタルショップで人気海外ドラマの最初のほうが
半額だったので、いくつか借りてみました。

「スーパーナチュラル」
自分的にはピンと来ず

「4400」
シーズン1のvol3まで見終わってます。
設定を聞いた時は、「彗星から出てきた4400人が世界を救う話」
と思いましたが、今のところは人間ドラマが主です。
登場人物が多いため、いまいち把握しきれてません。
とにかくリチャード&リリーには幸せになってほしいです。

「LOST」
まだ一番最初の2話だけ。でも、すごく面白そう。
遭難したばかりというのに、てんでばらばらな48人(こんだけ多ければ仕方無いか)が
これからどんなふうになっていくのか注目です。

「OC」
これってセレブな高校生が面白おかしく遊んでばっかりいる話、と思ったら
「兄と一緒に車を盗んだ少年が行くところもなくなって
担当弁護士の家(高級住宅地)に居候。
息子とは気が合うが、妻には嫌われ…」
というのが1~3話。さんざん少年を嫌っておきながら「チャリティパーティ」
を開催する弁護士の妻にはむっと来ました。
でも、3話の最後には彼のあまりのつらい環境に理解を示し、
受け入れるあたり、ジーンときました。
お決まりな展開かもですけど、弱いんです。

「4400」と「LOST」については人物や背景についての本が必要かと思って、
本屋に行ったら日経エンターテイメントの海外ドラマ特集本のみ。
ないよりましかと思って買ってきました。
思い立って探すと、意外とないもんなんですね。
[PR]
by chirimendonnya | 2008-06-17 20:36 | 日記

半年ぶりのMyBlog

本当に久々に自分のブログを見たので
なつかし~!
というかんじです。

ふむふむ、半年経つと世の中のいろいろなことが変わるもんですな。

大統領予備選は決着がつき、『篤姫』は面白くなりました。

篤姫、最初はうそくさくて嫌いだったんですが、
幾島が出てきたくらいから?面白いと思うようになって
今では毎週見ています。
姫のカっとんだ行動も”大奥”という閉じた場所だと、
すがすがしく映ります。
また上様とのやり取りが面白く、いつも楽しみにしています。
[PR]
by chirimendonnya | 2008-06-16 15:43 | 日記
連日、アメリカ大統領予備選の動向をやっていて、
そんなに興味はないけど、時々見ています。
前々から数え切れない数の風船が舞ったり、
手書きの応援ボードを持った人がたくさんいたりと
にぎやかだなー、と思っていました。
あ、あんまり英語がわからない私でも魅了される演説にも
一応注目しています。

そして今日、台湾の選挙戦の模様もテレビでやっていました。
候補者3人のポスターや
そのポスターの写真がデザインされたラッピングバス、
そして体育会系の選挙用はっぴやジャージ。
そのデザインがなんとなくツボにはまって
つい笑ってしまいました。
選挙戦そのものもなんか楽しそうです。

よその国のことだから気楽に見られるのか、
それとも実際にそういう工夫がされてるのかわかりませんが、
なんだかすごく選挙が楽しいものに感じられました。
[PR]
by chirimendonnya | 2008-01-12 22:57 | 日記

重要なお知らせ?

セゾンカードから重要なお知らせという封筒が来ました。
これまでも「新種のセゾンカードが出たから検討してください」レターは来ていたので、
今回もそれかと思ったら全然違いました。

ご契約の「ゆうちょセゾンカード」は廃止されます。

はい?

一瞬我が目を疑いました。よくわからないけど、郵貯が民営化されたことに関係あるのでしょう。
11月までに後継カードを送ってくるようですが、まさか自分の所に民営化の影響があるとは・・・。
まあまあ町中に住んでるし、何の変化もないと思っていました。
それなのに・・・。

ゆうちょセゾンカード廃止の一番の利点は
郵貯キャッシュカードとセゾンカードが1枚になっているということでした。
そこがよくってこのカードと契約したのになぁ・・・。

セゾンカードを持っていることはそれなりにメリットがあるし、
郵貯も便利に使っているので、
どちらも解約するようなこと成しませんが、
それでもなんだかなー、という感じです。
[PR]
by chirimendonnya | 2007-10-07 11:20 | 日記

愕然

最近、更新をサボっていたのは自覚していましたが、今日見たら3ヶ月も何もしていなかったので改めてびっくりです。

愕然といえば、昨日の夜見た体操の世界選手権(女子個人総合)です。
逆上がりもできない私にとってはバク転どころか
空中で何度も体をひねって美しく着地する彼女たちは宇宙人です。
そして動作が美しいこと。
人って極めるとホントにとんでもないことできるんだー、と感激を新たにしました。

それにしてもF難度があるのは知ってましたが、G難度なるものがあることは昨日初めて知りました。どこまであがるんでしょうか?そのうち、Z難度なるものが登場するんでしょうか?見てる方はただ感心してればいいけど、やる方はホント大変ですね。しかも花の命は短く、ほとんどの選手が10代。競技としては結構残酷かもしれません。

見ていて一番面白いと思ったの床。演技時間が長い分だけ、その人の個性がすごく出るような気がします。
演技の構成としては
   ・振り付けに凝る派
   ・大技繰り出し派
   ・両方ミックス派
に別れ、さらに演技の傾向として
   ・元気系
   ・優雅系
に分かれているように思いました。優勝したショーン・ジョンソン選手は「大技繰り出し派」で「元気系」の爆発的な演技で感心しました。個人的にはイタリアのフェラリ選手の柔らかい演技が好きです。中国の選手の凝った振り付けも素敵でした。

そして全種目が終わった後のそれぞれの選手の表情も興味深く見ました。優勝が決まり大喜びのジョンソン選手。そして彼女を祝福するコーチや他の選手の表情。得意だという平均台で落下し、しょうがないわ・・・という表情のリューキン選手。そして自国(ブラジル)初の個人総合でのメダル獲得に感動の涙を流すバルボサ選手。あまりの泣きっぷり(号泣といって良い)に、見てるこちらももらい泣きしそうでした。



今日の朝、朝刊を見たら水鳥寿思選手が床でも銅メダルを獲得したことを知りました。もともと実力があるとはいえ、補欠だった選手が一番良い成績を残すのだから、わからないものです。テレビで演技をやっていましたが、非常に力強い演技でした。水鳥選手、本当におめでとうございます。
[PR]
by chirimendonnya | 2007-09-09 10:22 | 日記

風邪をひきました・・・

春先の花粉症が大分治まってきたのに、今度は咳が止まらなくなってしまいました。
今度はぜんそくか?と思い、手持ちのぜんそく薬を使ってしのいでいました。
ところが、薬を使ってもなかなか治まらないし、夜は咳が止まらなくて眠れないし、
仕事ではのどを酷使し、季節柄夜の集まりも続き、
回復しないし、毎日が辛くて辛くてたまりません。
体調が悪いので当然機嫌も悪くなり、自分でもいやになってきました。

一番良くないのは病院に勤めているにも関わらず、
忙しくて自分がかかれないことです。
それでも今週で二度目の眠れない夜にうんざりして
何とか受診することができました。
そして薬をもらって飲んだら、やっとゆっくり眠ることができました。
今日起きたのはお昼。
やっぱり病院にかかるって大事ですね。
[PR]
by chirimendonnya | 2007-04-07 22:21 | 日記

世界フィギュア女子

昨日の晩は手に汗握り、テレビに見入りました。
多すぎるCMと出演者のおしゃべりにはいらいらしたけど、
選手の演技の時には集中です。

結果はご存じの通り。
安藤美姫選手が初優勝を飾りました。
ショートプログラムで驚異的な得点を出したキム・ヨナ選手がまさかの2度の転倒。
そしてその後の浅田真央選手のトリプルアクセル成功の演技で
これまた驚異的な得点が出て、なんだか優勝は決まったかのような騒ぎぶりでしたね。
素人がプロの採点にケチをつけるのはいけないのですが、
「ああ、この子を優勝させたいんだな」
というのが感じられて、ちょっとしらけてしまいました。
トリプルアクセル成功は良かったけど、いつもに比べてあんまりスピード感がないような気がしてたし、そんなにいい演技だとは思いませんでした。ジャンプ以外ではかえってショートプログラムの方が良かったかも。

その後登場のディフェンディングチャンピオンのキミー・マイスナー選手も転倒。

そして、いよいよ安藤選手の出番です。
たった1年で話し方も中身もずいぶん成長した彼女を見るたび感心するし、
何より見ている方にも気持ちが伝わってくるような演技が好きです。
だから、もう決まりっぽいけどいい演技をして欲しいなと思いました。
内容はジャンプの高さもあったし、大きなミスが見あたらない内容。
昨夜は転倒する選手が続出で、こういう内容の人はほとんどいなかったので、
なんとか勝たせてやって欲しい、と、祈るような気持ちでした。
点数が出て、高得点でしたが、浅田選手の高得点の印象が強すぎて
どっちが勝ったんだろうと思いました。
最終結果が出て、優勝が決定したときは思わず歓声を上げてしまいました。

色々な壁を乗り越えてきた涙にいいところなく終わったオリンピックや
その後のバッシング、今期の復活を思い、感動しました。
安藤選手、本当におめでとうございます。
[PR]
by chirimendonnya | 2007-03-25 10:31 | 日記

からし色の衝撃

この間、本屋に行った時、NHKテキストコーナーで異様な光景を目にしました。

平積みされている語学テキストの表紙が全部からからし色だったのです。
しばし呆然。発売日に目にしたときのインパクトは毎月絶大かと思われます。
しかし、私が入った店では
「今年のNHK語学テキストは統一されたデザインとなったおります。
お間違えのないように良くご確認の上、お買い上げ下さい。」
という張り紙がしてありました。その通りと思われます。

個人的に問題だと思ったのは、全部同じデザインで良くも悪くも渋いデザインのため、
なんとなくどの講座もつまらなそうに見えてしまうこと。
内容に手抜きはないのに(多分)、すごく損してると思います。
特に基礎英語1と2はいつも通りの表紙の方が楽しそうでいいんじゃないかと。
デザイン変更の理由は経費削減とか大人向けをアピールとか
何かしら理由があることとは思いますが、本当に何でだろう。
語学CDのwebページはとってもポップなデザインで楽しそうなのに。
(買わないくせになぜかチェック)

せめて表紙の色を語学ごとに変えるとか
テレビ講座とラジオ講座では違うデザインするとかにして欲しいです。
通年講座がある関係で変更は早くても来年でしょうか・・・。
[PR]
by chirimendonnya | 2007-03-24 19:29 | 日記
大相撲は今日が千秋楽でしたね。
母の勤め先の企画で昨日見に行くことができました。
枡席で場所は向正面解説席の2段くらい後ろという大変良い場所でした。
ちなみに昨日の幕内解説は舞の海秀平さん。
解説席に座った瞬間、多くの人がカメラを持って近くの通路から撮影を始め、その人気に改めて驚きました。やはりあまり大きな人ではありませんでしたが、がっちりした体つきでさすが元力士です。

それはおいとくとして・・・。

やはり相撲は生が一番です。十両、幕内ともなると仕切りから館内が盛り上がるし、力士がぶつかり合う音も聞こえ、迫力が段違いです。他にも野球などを生で見ましたが、一つの勝負がすぐに終わる、館内どこからでもそれなりによく見える、という意味ではいつ来てもがっかりしないし、興味なかった人でも楽しめると思います。

去年来たときと違うのは相撲人気が大分戻ってきたことが感じられたこと。優勝決定がかかっていた日だとはいえ、応援の声や拍手の大きさが全然違います。小さい子供の姿も結構見かけました。子供にはやっぱり朝青龍と高見盛が人気の模様。

思っていたとおりに横綱が優勝し、館内は何ともいえない盛り上がりを見せました。私もこの日一番の拍手を送り、本当に感激しました。優勝というのは特別、そして強い横綱万歳です。
[PR]
by chirimendonnya | 2007-01-21 20:01 | 日記

スポーツ中継について

金曜日にNHKのフィギュア中継を見てあまりの静かさにびっくりしました。
いや、これはNHKのいつものスタイルなので別に驚くことではないけど、
民放のうるさい中継に慣れつつあったので感動すらしてしまいました。
聞きやすいトーンの声に音楽の邪魔にならない適度な実況。
解説者もやりやすそうに見えました。
フィギュアスケートだけでなく、中継全般こうあるべきです。

最近、中継スタイルが一番不満なのはバレーボール。
やたらアナウンサーが絶叫するのはバレーだけではないのでまだいいとして、
アイドルがちょろちょろ出てきて、騒いだり語ったりするのは大変不快。
特に、女子の方に出てきたWatはまだイマドキ感ありだからいいとして、
なぜに男子はモーニング娘。?
もう人気のピークはとっくに越えているので視聴率にもあんまりプラスにならないような気がします。
バレーは見るスポーツとしてもやるスポーツとしても根強い人気があるので、
こんなことしなくても見てもらえると思います。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-12-03 19:07 | 日記