コメント、トラックバックについては承認制を取らせていただきます。


by chirimendonnya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:日記( 107 )

NHK杯フィギュア男子

昨日の女子に続き、男子も日本選手が表彰台を独占して終わったNHK杯。
めでたいことです。

3位に入ったホープの小塚選手は何だかジャンプが危なっかしいような気がしましたが、
のびのび滑っていたのが見ている方にも伝わってきて良かったです。
昨シーズンの世界ジュニアチャンピオンでもあり、今後が期待されます。

2位の織田信成選手。見ていて全く転ぶ気がしない安定感があります。
この安定感がずっと続けば選手としてはそれだけですごい武器です。
SPの「FLY ME TO THE MOON」の方が
明るく軽やかな本人の個性にあっていて好きなプログラムだけど、
フリーの方もこれはこれでいいと思います。
まだ入れていない4回転が入ったとき、どれほどすごい点が出るのでしょうか。

そして優勝した高橋大輔選手。いつもこけないか見ていてとても心配になります。
ところが、今日はジャンプはほとんどノーミス。
このプログラムでノーミスなのは初めて見ました。
特に最初の4回転ジャンプを成功させたことが勝因だと思います。


小塚選手がさっぱり系、織田選手があっさり系、高橋選手がこってり系と
3者3様の個性があって、見ていて面白かったです。
個性の違いだけでなく、昨年のこの大会から
高橋選手と織田選手は僅差の勝負を繰り広げており、
どちらが勝つかわからない楽しみもあります。
それだけに夕方5時からという放送時間はちょっと残念。
女子と比べて国際大会の成績が劣るわけでもないのに
扱いのあまりの差にいつもがっかりします。
NHKだけでも同じように扱って欲しいのですが。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-12-03 18:43 | 日記
日曜日にキエフオペラ『アイーダ』を見に行ってきました。
オペラを見るのは初めてだったので、ちょっとどきどきしていました。

古代エジプトの武将ラメダスと女奴隷(実はエチオピア王女)アイーダの悲恋を描いた
この作品は数あるオペラの中でももっとも有名なものの一つではないでしょうか。
特にクラシックに興味がなくても「凱旋行進曲」(サッカーでお馴染み)
なんかは知っている人が多いと思います。

前から八番目、ほぼ中央という席で見ることができたので、
歌手の顔も舞台両脇に設置された字幕もよく見えました。
音楽が素晴らしいので、字幕を見るのはなるべくやめました。
本当に一部の曲しか知らなかったけれど、
演奏されるすべての曲が名曲という感じでした。さすが有名作品。

いい場所過ぎて主役カップル(設定では若い武将と王女なので)を演じていた歌手が
結構おじさん・おばさんというのがわかってしまってちょっと変な気がしました。
オペラはまず歌がどうかということだから、
こういうことも良くあるということは知ってはいたけど
実際目にするとやっぱり変な感じです。

前日も東京に行ってたりして疲れていたので途中寝てしまい、2幕は全く覚えていません。
さすがクラシック。すごいリラックス効果です。
非常によく寝ていたらしく、一緒に行った母からは「帰れば?」と言われてしまいました。
しかし、1万5千円も出してきたのに途中で帰るのはもったいなさ過ぎます。
第一、あと二幕残っています。
「これからが大事なんだよ」
と言って、3幕からは真面目に見ました。

いやあ、帰らなくて良かった。
筋としては本当に単純なんだけど、曲と歌のすばらしさですっかり引き込まれ、
最後には不覚にも感動してしまいました。
通してみると「はい、これオペラの名曲」「へぇー」
と1曲だけ聴くのとは全く違った感動があります。
やっぱり通して聞くのが本来の姿なんだなー、と思いました。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-11-11 14:29 | 日記
国立科学博物館で開催されている「大英博物館 ミイラと古代エジプト展」へ行ってきました。
あらかじめローソンで日時指定チケットを買ってあったのですんなり入場できました。
10時半~の回だったので当日チケット購入の人は少なめ。
でも、帰る頃(ちょうどお昼くらい)には長蛇の列ができていました。
これから行く人は先にチケットを買っていくか午前早めの時間に行くのがいいと思います。
来年の2月18日まで開催されています。

今回の呼び物はなんといっても"Mummy:The inside story"。
ミイラのCTスキャンデータとCGで構成された3Dシアターです。
3Dメガネをかけると本当に臨場感ある映像が楽しめます。
見ていて楽しかったけど、ちょっと乗り物酔いみたいになってしまいました。
なので途中メガネなしで見たいたけど、それでも結構立体感ありました。
技術の進歩はすごいものです。

シアターは大体30分間。意外に短いながら見応え十分。
保存状態のもっとも良いミイラ”ネスペルエンネブウ”の解析データや
そこから推測される生前の生活や死亡推定年齢、推定死因などが語られます。
それによると、生前は結構えらい神官、身長は162センチ前後、顔は「ハムナプトラ」で
復活した古代神官役を演じた俳優をもう少し老けさせたような感じ、などなど。
3000年を経て自分がこんなに有名になり、文字通り丸裸にされるなんて
あの世の本人もきっとびっくりです。
柩は他のスペースで実物を見られます。

シアターが終わると、まずは古代エジプトの色々な遺品が展示されています。
ミイラにする遺体から取り出した内臓を入れる壺や様々な副葬品、石碑など。
石碑はものによってはかなり保存状態が良く、今も鮮やかな色が楽しめます。
純金やアメジストでできたアクセサリー類は現代人が見ても本当に綺麗。
純金の輝きがまぶしすぎます。そして、デザインが素敵です。
古代エジプト人のおしゃれぶりが偲ばれます。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-11-04 21:16 | 日記

大道芸ワールドカップ

昨日からいよいよ大道芸ワールドカップが始まりました。
市内では大きな通りや主な公演のあちこちで
いろんな芸人さんが自慢の芸を披露しています。

他の所ではわからないけど、県内ではすっかり定着し、
ガイドブックは年々豪華になり、そしてよく売れているようです。
開始の数時間前から場所取りをしないと見られないような人気芸人さんも
数多く出てきました。
もう期間中は歩くのも大変なくらいすごい人です。
でも、歩いていれば何人かの芸人さんと必ず出会い、
面白いことをやっているので楽しいです。

最初の頃は「誰がそんな変なイベント考えたのか」
くらいのものだったし、簡単に見られましたが、今はそうも行きません。
始まって15年。すっかり様変わりしました。
初めて見たとき、大道芸というとチンドン屋とかピエロくらいのイメージしかなかったので、
予想以上のレベルの高さと仕掛けの大がかりさにびっくりしました。
今年はいくつ見られるか楽しみです。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-11-03 20:44 | 日記

私の股関節年齢

日曜日に「あるある大辞典」を見ていたら、
股関節年齢がわかるという”足上げターン”なるものが紹介されていました。
詳しくはこちらを・・・。


やってみると、非常に惨めな結果が待ち受けていました。
利き足の右足ではよろけてしまい、左足に至ってはこけてしまいました。
私の年齢では標準的だという1分間に20回前後は夢のまた夢。
老人並みの股関節です。
体が硬い、運動神経が悪い、と自分で必死に言い訳を考えてみますが、
目の前が真っ暗になってきました。

股関節が固いと代謝が悪くなって肌荒れしたり、老けて見えたりするするというし、
第一、そんなに複雑な運動でもないのにろくにできないというのはショックです。

その日から毎日この運動をやることにしました。
今のところは続いています。
当初の老人並みから60代くらいには進歩してきたので
実年齢並みの股関節を目指して頑張ることにします。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-10-19 21:22 | 日記

情けない日・・・

今日は何だか普段だったらあり得ないようなことを夕食準備時に二つもしでかしてしまい、ちょっぴりショックです。

1.お茶の葉をそのまま土瓶に入れてしまった
うちのは土瓶の口にセットした茶こしの中に葉を入れるのですが、何を思ったかそのまま入れてしまい、ちょっと泣きそうになってしまいました。

しかし、本当に悲惨な出来事はその30分後に起きました。おかずを五品も作った後です。ここで力尽きたのか、予想外のことをやらかしてしまいました。

2.ご飯を容器ごと床にばらまき食べられなくなってしまった
ご飯が足りなくなってしまい、冷凍してあったストックをレンジで解凍したのですが、手が滑って思いっきり床に落としてばらまいてしまいました。今思うと容器が割れ物ではなかったのが不幸中の幸いでしたが、そこまで冷静になれず、しばし呆然。結局買い置きしていたインスタント焼きそばUFOを作って食べました。UFOはいつも通りおいしかったけど、トホホな気分です。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-09-30 20:39 | 日記

iTunes7.01

新しいiPodシリーズが発売され、同時に専用ソフトiTunesもアップデートされたようです。
今日からダウンロードして使っています。

ぱっと見の変化は前からあったミュージック、Podcast、ラジオの他にムービーとテレビ番組の項目が追加されました。リスト表示形式も何だか選べるようになったようです。そして、右上にあった”ブラウズ”の目玉がないぞ・・・?

結構便利に使っていただけに?と思いましたが、開いてすぐにはそんなに気になりませんでした。

困ったのはレンタルしてきたCDから曲をインポートしようとしたときです。
”ブラウズ”の目玉の位置に来るべき”インポート”の矢印もないではないですか。
”ファイル”からインポートを選択して実行しようとしましたが、今までになくめんどくさそうでやめました。
一瞬パニックになりました。

よーく画面を見てみると右下に小さくインポートの文字が・・・。
クリックしてインポートし、事なきを得ました。

2枚目のCDをインポートしようとしたら
「○○(CD名)をインポートしますか?」
のダイアログが・・・。

これなら前より便利といえば便利か、とも思いました。
でも、そのままインポートしないときはいちいち「いいえ」を選ばなければいけないし、何枚か続けてやる時はダイアログが出てくるのはうっとうしい気がするし、何ともいえない感じです。なによりあの目玉や矢印の位置に慣れてしまっていたので使っていて変な感じです。個人的にリストの表示形式よりずっと大事なんですけど。進化するって大変なことです。

それはそうと新発売のiPod nano欲しいなあ・・・。4GBだと色が選べるというのもさることながら、傷が付きにくそうなアルミボディが魅力です。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-09-30 20:23 | 日記
最終更新から早一ヶ月半くらいが経過していました。
もともと夏ばてしやすい体質なのと落ち込むことが多かったのとで
何もやる気が起きず、ついついサボってしまいました。

ほとんど唯一の趣味の読書さえやる気がなくなってしまい、
そのことでまた落ち込んでしまったりと悪循環になっていましたが、
気持ちが好転する出来事や流れが続き、立ち直りつつあります。

また、少しずつ頑張っていこうと思います。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-09-10 13:34 | 日記
ワールドカップも日程が進み、いよいよベスト4が決定しました。
応援していたスペインもアルゼンチンも負けてしまい、残念です。
特にスペインはいつも本番前の戦績はいいのに大会に入ると
早い段階で負けてしまい、いつもがっかりしています。
今回は若い選手が多いので、次回に期待したいと思います。

個人的にベスト4はアルゼンチン、イタリア、イングランド、ブラジルだと予想していました。
イタリア以外はものの見事にはずれ、がっかりというか意外というか・・・。
ここまで来ると、どのチームもテクニック、経験共に申し分ないし、
調子次第でどちらが勝つか本当にわかりませんね。
点が入らなくても、ちょっとした足下のテクニックを見るだけでも楽しいです。
フランスなんか予選リーグではあんなに苦労していたのに、
ここに来て調子を上げてきているし。
もしかして予選リーグでの苦戦も計算の内だったりして。

さて、決勝は10日。どこが優勝するでしょうか?
私は、大会前は八百長騒ぎに揺れたイタリアが意外に勝つと予想しているけど、
あたるでしょうか?
[PR]
by chirimendonnya | 2006-07-02 19:20 | 日記

日本敗退

日本の3回目のワールドカップが昨日終わりました。
あまりいい予想はしていなかったし、テレビ観戦したブラジル戦以外の内容を見ていると、
3戦全敗という結果も納得です。

特に後半にはいるとガクッと運動量とスピードが落ちているのがはっきりとわかりました。
また、いくら体格で劣るとはいえ、当たり負けしているシーンも目立ちました。
素人がいうのもおこがましいとは思いますが、
スタミナと当たりの強さは、もう少し何とかならないものかと思います。
特にオーストラリア戦では最初っから最後まで全然スピードがなく、
日本の試合でなければ見るのをやめていたくらい、つまらない試合でした。
技術や体格での負けはある程度仕方ないけど、
はっきりとスタミナ負けがわかってしまうのは情けないです。
まあ、決定力不足は昔からなので・・・。
悔しいというのは選手が一番感じていることだから、今大会の経験が次につながれば、と思います。

次も外国人で、ということですでに有力候補の名前も取りざたされています。
その通りになるかどうかは別にして、あまり決まったメンバーに固定化しない人、
手詰まりになったときに打開する手だてが打てる人がいいです。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-06-24 20:11 | 日記