コメント、トラックバックについては承認制を取らせていただきます。


by chirimendonnya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:日記( 107 )

iPod nano充電の謎

iPod nanoを買って大分経ちました。
パソコンに接続して充電する、という標準のやり方が大変不便な上、
忙しくて平日はなかなかパソコンにさわる時間もないため、
すぐにサードパーティ製の充電器を買いました。

色々調べた結果、
・中途半端に電力が残っている状態で充電すると余計に電池の持ちが悪くなる
・決められた充電時間以上に充電するのも電池の持ちが悪くなる原因
(同じように寝ている間に携帯電話の充電というのも機会にとってはすごく悪いらしいです)
ということが判明したので、残りが0になるまできっちり使ってから充電してます。

すると、通勤時間の電車の中で合計1時間聞くかどうかなのに1週間持つか持たないか
という感じだったのが2週間は充電なしでOK。
おお、調べてみるもんだ、と感激していました。

ところが、先週久しぶりにパソコンと接続して充電したら元通りに。
充電器の性能がいいということでしょうか?
[PR]
by chirimendonnya | 2006-06-24 19:41 | 日記
最近、前にも増して仕事が忙しく、職場を出るのが9時近くになることが多いです。
比較的にぎやかな場所にあるので、普段だとこの時間でもかなり道を歩いている人はいます。
ところが、今週は人もまばらで歩いていてどきどきしました。
昨日は金曜日にも関わらず街はがらがら。
やっぱりみんなワールドカップ見るために早く帰ってるんでしょうか?

道に人がいないのは寂しいですが、帰るとちょうど中継やっているので、そういう意味ではありがたいです。昨日はセルビア・モンテネグロ×アルゼンチンを見ながら夕食でした。ハーフタイムから見始めたら、すでにアルゼンチンは3点取ってリードしているということでやや拍子抜け。もう少し熱戦になると思っていたのに。ここまで点差が付いていると熱戦はもう期待できないかもしれないけど、ゴールシーンが見られれば、と思ってのんきに観戦。

相手に退場者が出たこともあり、アルゼンチンが一方的に試合を進めてはいたものの、ゴールはなし。このまま終了かな?と思っていたら、18歳のメッシ投入をきっかけに後半30分過ぎからすごいゴールラッシュ。メッシのパスからクレスポが、続いてテベスが、そして最後はメッシ。見た中ではメッシがすごいスピードで走り込んでパス、そしてこれも素早くスペースに走り込んできたクレスポが決めた4点目にしびれました。スピード、テクニック、連携の良さが凝縮されているような気がして、すごさを感じます。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-06-17 20:05 | 日記

きょうの笑点

今、商店を見ながらこのブログを打ってます。
時流に乗って2問目のお題は「サッカー」。
しかし、落語といかにも縁の薄そうなサッカー。全員何だかきつそうでした。

司会の歌丸さんが「ぼく、サッカー選手になりたいな」というとお父さん役のメンバーがなんかいうと言う仕掛け。寒いだけならまだしも言い終わった後にオチを解説している人まで・・・。全員あんまり面白くなかったけど、清水出身の昇太さんにはもうちょっと何とかして欲しかったな。1回目の「何いってるんだ飛雄馬!」はまあまあ面白かった(いや、本当にそうなったら一徹はどうするんだろう?やっぱりちゃぶ台をひっくり返す?)けど、2回目の「だじゃれも習ってPK」というのはちょっと・・・。

その次の「象さん」の替え歌は面白かったです。例によって他のメンバーのけなし入ってたけど、大爆笑でした。「うーたさん、うーたさん、おー迎えが近いわね」「そうよ、おまえもみーちづれに」とこんな具合です。これが最後のお題で今日は終了。それにしてもし笑点見てると30分短いです。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-06-11 18:04 | 日記

ワールドカップ開幕

ワールドカップがいよいよ始まりました。両チーム合計6点が入った開幕戦だけ見てないです。ゴールシーンだけ見ると本当にかっこよくて見たかったなー、と思います。サッカー見るのは好きなので、今のところポーランド×エクアドル戦、イングランド×パラグアイ戦は見ました。厳しい予選を戦ったチーム同士が戦う試合なので、ボール回し、動きなど速くて何でもない動きでも感動してしまいます。それにシュートが正確ですね。結局決まらなくてもきちんと枠にとんでいることが多いです。

<ポーランド×エクアドル戦>
エクアドルの調子が良く、ポーランドの調子が良くないような感じはしたけど、展開が早くて見ていてなかなか面白い試合でした。得点があまり早い時間に入らなかったこともあり、そんなにだれなかったのも良かったです。
目にも鮮やかなエクアドルの原色系のユニフォーム(シャツ黄色、パンツ青、ストッキング赤)はいいですね。見ている側は元気になり、選手達は強そうに見えます。エクアドルに限らず黄色いユニフォームは芝生に映えて、すごくいいと思いました。

<イングランド×パラグアイ戦>
開始4分にベッカムのフリーキックからあっさりとオウンゴールが生まれ、先制点となりました。そのせいか、見ている方からすると何となくしまりのない試合に。パラグアイの方が攻めていたけれど、チャンスらしいチャンスはほとんどなく、シュートシーンもセットプレーもイングランドの方が多かったのでそういう作戦だったのかも。相変わらず正確なプレースキックを蹴るベッカムと幾度か決まったら素晴らしいミドルシュートを放っていたランパードが印象に残りました。

今夜のセルビア・モンテネグロ×オランダ戦も見たいけど、明日は仕事なので無理そうです。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-06-11 17:46 | 日記

美術館巡り、の続き

東京都美術館
ここでは企画展の「プラド展」だけを見ました。とにかくすごく混んでいてチケットを買うにも時間がかかり、さらに入場は20分待ち。中に入ってもすごい混みようで、とてもゆっくり見ている暇はありません。ちなみに入り口付近が一番混んでて他の所はそうでもありません。それなりに名のある画家の作品は持ってきているもののこれと言ったものは当然と言えば当然ですが、なくてややがっくり。出口付近のゴヤのスペースは比較的空いていてゆっくり見られたのがせめてもの収穫です。

国立西洋美術館
企画展で「ロダンとカリエール展」をやっていますが、そんなに興味はなかったので常設展だけ。チケット購入時の悩みの種「ぐるっとパス」は常設展の入場口で出すだけ、スタンプはセルフサービスと気楽な取り扱い。どこもこうなら楽でいいんですけど。
西洋美術館は小学校の修学旅行できて以来なので、初めて見るような新鮮な気分。常設展だから当たり前だけど、やっぱりいい絵を展示してます。海外の美術館に貸し出し中の作品もあったりしてそのあたりからもコレクションの充実ぶりがわかります。企画展に行かなくても屋外、そしてここでもロダンの作品をかなり見ることができます。そして本当に近くで見ることができ、感激もひとしおです。モネなどの印象派の作品は色の美しさに感動、でも一番じっくり見たのはキュビズムの部屋かも。本当に何がどうなってそのモチーフがこうなるの、とついつい考えてしまいました。私のような凡人にはうかがい知れない世界です。

GWということで上野は本当に人がたくさんいました。中でも一番人気は上野動物園でした。もう動物園に行くような年ではない上に1時間待ちではとても入る気にはならなかったけど、売店のグッズを見ているだけで楽しかったです。あと、国立科学博物館がなぜかすごい混み具合でした。企画展でナスカ地上絵をやってるけど、そのせいでしょうか。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-05-07 20:38 | 日記

せっかくのGWなので

こんなにまとめて休める機会もそうそうないので東京と横浜に遊びに行ってきました。東京で江戸東京博物館と東京都美術館、国立西洋美術館に行って、その後横浜中華街で夕食というコースでした。

ぐるっとパス
東京都歴史文化財団が発行しているお得なチケット。都内の49施設で入場料が割引になったり無料になったりします。どういうセレクトをするかにも寄りますが、結構簡単に元が取れるように思います。(初めて使う日から2ヶ月間有効、1施設1回しか使えないなど制限はあり)買う前は普通の紙チケットが1枚来るだけかと思ったら全部のチケットをつづった分厚い冊子が来てびっくりしました。確かにこうでもしないと有効期間や行った施設の確認が難しいかもしれませんね。でも、利用のたびに半券を切ってさらにスタンプを押すのは窓口の人が面倒では?混んでいるときだと後ろに並んでいる人にも迷惑だし、要検討です。

江戸東京博物館
企画展の「ナポレオンとベルサイユ展」を見て常設展へ。ぐるっとパスを使ったので常設展は無料、企画展は団体料金になりました。
「ナポレオンとベルサイユ展」はナポレオンの生涯を軸にベルサイユの変遷、その時代の美術を紹介しています。各種肖像画はもちろん、ベルサイユ宮殿内の一室を復元してあったりしてなかなか面白かったです。ベルサイユの主となってすぐに改装命令を出したという大トリアノン宮、小トリアノン宮。その中から書斎などが展示されています。軍人だけ会って机など本当にシンプルでした。
常設展は色々模型があったりして場所によっては実際に体験することもできます。混んでてなかなかそれも難しかったけど。面白かったのは江戸時代の本。コマ割りこそないものの漫画の原型みたいな感じで、絵の周りは字がぎっしり。ちょっと読みづらそうだけど面白そう。かなりの人がこれを読めたとすると江戸時代の教育レベルは結構高かったんだと思いました。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-05-06 20:56 | 日記

WBC 三度目の正直

お昼頃からやっていた中継を見てしまいました。
3回もやればもうそろそろ勝つかもしれないぞと思いつつ、
他のことをしながら適当に見ていたのですが、7回の打者一巡の攻撃はすごかったです。
福留選手の誤審のされようもない見事なホームランはもちろん、ヒットが出るたび、拍手をしながら見てしまいました。
流れが来るってこういうことなんだなー、と見ていて感じました。
選手起用もズバリ当たっていたし、これまで打てなかったのが嘘のようにつながっていたし、
本当にすごいイニングでした。上原投手もナイスピッチングでした。

韓国はこれまで無敗できていたので、多少申し訳ない気がしないでもないけど、
イチロー選手の「韓国が向こう30年忘れないような試合をしたい」発言の手前、
負けたらやっぱり恥ずかしかっただろうし、やれやれという感じです。
こういう時に勝てるのも実力の内かもしれません。

ここまで来たら、やっぱり優勝して欲しいです。
運も味方につけているようだし、期待したいところです。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-03-19 19:39 | 日記
最近、疲れのあまり色々とやる気がなくなってきていけません。
ブログの更新もさぼりがち・・・。
こんなんではいけないなー、と思うことしきりです。

気持ちの切り替えが下手で何かあると引きずってしまいがちなのが私のいけないところです。
人相手である上に周囲との関係も色々苦労が多いのでストレスがたまってしまうけど、
もう少し気楽に考えないと、と思います。

この頃、暖かくなってきたせいか、気持ちも体調も上向きなのでもう少し気合いを入れて色々頑張りたいと思います。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-03-11 22:04 | 日記

トリノオリンピック

スポーツ中継がとても好きなのでオリンピック中継も見られるときは見ています。予想以外の苦戦ぶりに落胆の声も聞こえるけど、見て面白い競技が多いので中継は楽しいです。メダルは取れたらラッキーぐらいに考えればいいじゃないでしょうか?もともと事前の予想はいつもそうだけど無責任で誇張気味。そんなに気にしてません。

ここまで見ていて予想以上に面白かったのは男子のスキー滑降とスノーボードクロスです。滑降は見ていてとにかくかっこいい。プロレスラーのような大男達が低姿勢を保ったまま急斜面を滑り降りていくのは迫力あります。画面の時速表示を見ていると、なんと時速120キロ以上!上位の人は本当になめらかに降りていてジャンプする回数も少ない(ジャンプする方が早そうだけど、実際はタイムロスになるそうな)し、つい歓声を上げながら見てしまいました。解説の人が「涙が出るほど感動した」(実際に競技に関わっている人としての感動と尊敬がこめられていたようにい思いました)という優勝したフランスのデネリアズ選手の滑り、本当に素晴らしかったです。

スノーボードクロスは新聞で競技の解説を見たときには全然ピンと来ませんでした。オートバイのモトクロスに似てるって言ってもどんななの?と思って。見始めたら、タイムだけを競う予選はともかく、4人一組で滑る決勝は先が読めない面白さで食い入るように見てしまいました。駆け引きはもちろん転倒接触ありで、優勝候補といえども予選1回戦で消えてしまうこともあり得るし、最後尾の選手が棚ぼた式で勝ち上がっていくこともある。見ていてわくわくしました。

もちろんばりばりのエンターテイメント競技のスノーボードハーフパイプとフィギュアスケートも見ました。ハーフパイプはとにかくアメリカ勢が強すぎ、これじゃメダル独占もしょうがないと思いつつ、どこでもいいから1個だけ他の国がメダルを取ってくれればいいな、と思ってみていました。実際はその通りになって良かったです。ハーフパイプはフィギュアスケートと違って全体の印象で採点するそうで、それまで良くてもフィニッシュでこけるとパーという気がしてすごく厳しい気がしました。50点満点で46点を出す選手もいれば、失敗すれば1桁台と言うことも・・・。でも攻めなければ上位は望めないわけで。お遊びみたいに言われることもあるけど、とんでもない。とても厳しい競技です。

フィギュアスケートはペアは見られなかったけど、早起きしたらちょうど男子フリーの最終グループをやってて一番手で予想通りに金メダルを獲得したプルシェンコ選手の演技から見ることができました。なんだか彼以外はみんなミス連発で何だか拍子抜けしてしまいました。プルシェンコ選手好きだから金メダルはうれしいんだけど、もうちょっと接戦になって欲しかったです。その中でも実力のあるスイスのランビエール選手が銀、滑りが美しいカナダのバトル選手が銅でした。バトル選手って前いたアメリカのエルドリッジ選手に何となく似ている気がします。高橋選手は順位落としてしまったのは残念だけど、入賞はやっぱり立派。まだ19歳なんだし、これからも頑張って欲しいです。

それにしても今回は時差のせいか中継が少ない気がして残念です。特に男子フィギュアなんてもっといい時間にちゃんと枠取って放送して欲しかったのに。女子はこれでもかってほどに時間を取るんでしょうけど、男子だって面白いのに。全日本選手権の時も半分無視状態だったし、何だか寂しいです。それなりに活躍している選手だっているんだからもっと放送して欲しい。せめてエキシビジョンくらいは・・・。本当に心からの願いです。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-02-18 17:19 | 日記

疲れが抜けなくて

最近は毎日2~3時間の残業が続き疲れていたところ、昨日ついにダウンしてしまいました。
熱はたいしてないものの頭痛がひどくてどうにもなりません。
もともと疲れがたまるとどうにもならなくなってしまう方なので、健康管理には結構気を遣っていたのですが、限界に達してしまったようです。

疲労解消にストレッチなども取り入れてはいるのですが、やっぱり即効性のあるサプリメントや栄養ドリンクに頼りがちです。ビタミンCは値段の割にすごく効果があると思います。翌日比較的すっきり起きられるし、かかとの荒れも治ってきました。ドリンクは今のところハイゼリーBフレッシュが一番効くような・・・。3本990円と決して安くはないけど、それだけの効果はあると思います。

本当は何もしないで一番元気なのが一番いいんですけど・・・。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-02-18 16:45 | 日記