コメント、トラックバックについては承認制を取らせていただきます。


by chirimendonnya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

情けない日・・・

今日は何だか普段だったらあり得ないようなことを夕食準備時に二つもしでかしてしまい、ちょっぴりショックです。

1.お茶の葉をそのまま土瓶に入れてしまった
うちのは土瓶の口にセットした茶こしの中に葉を入れるのですが、何を思ったかそのまま入れてしまい、ちょっと泣きそうになってしまいました。

しかし、本当に悲惨な出来事はその30分後に起きました。おかずを五品も作った後です。ここで力尽きたのか、予想外のことをやらかしてしまいました。

2.ご飯を容器ごと床にばらまき食べられなくなってしまった
ご飯が足りなくなってしまい、冷凍してあったストックをレンジで解凍したのですが、手が滑って思いっきり床に落としてばらまいてしまいました。今思うと容器が割れ物ではなかったのが不幸中の幸いでしたが、そこまで冷静になれず、しばし呆然。結局買い置きしていたインスタント焼きそばUFOを作って食べました。UFOはいつも通りおいしかったけど、トホホな気分です。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-09-30 20:39 | 日記

iTunes7.01

新しいiPodシリーズが発売され、同時に専用ソフトiTunesもアップデートされたようです。
今日からダウンロードして使っています。

ぱっと見の変化は前からあったミュージック、Podcast、ラジオの他にムービーとテレビ番組の項目が追加されました。リスト表示形式も何だか選べるようになったようです。そして、右上にあった”ブラウズ”の目玉がないぞ・・・?

結構便利に使っていただけに?と思いましたが、開いてすぐにはそんなに気になりませんでした。

困ったのはレンタルしてきたCDから曲をインポートしようとしたときです。
”ブラウズ”の目玉の位置に来るべき”インポート”の矢印もないではないですか。
”ファイル”からインポートを選択して実行しようとしましたが、今までになくめんどくさそうでやめました。
一瞬パニックになりました。

よーく画面を見てみると右下に小さくインポートの文字が・・・。
クリックしてインポートし、事なきを得ました。

2枚目のCDをインポートしようとしたら
「○○(CD名)をインポートしますか?」
のダイアログが・・・。

これなら前より便利といえば便利か、とも思いました。
でも、そのままインポートしないときはいちいち「いいえ」を選ばなければいけないし、何枚か続けてやる時はダイアログが出てくるのはうっとうしい気がするし、何ともいえない感じです。なによりあの目玉や矢印の位置に慣れてしまっていたので使っていて変な感じです。個人的にリストの表示形式よりずっと大事なんですけど。進化するって大変なことです。

それはそうと新発売のiPod nano欲しいなあ・・・。4GBだと色が選べるというのもさることながら、傷が付きにくそうなアルミボディが魅力です。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-09-30 20:23 | 日記
あらすじ:
12歳のハイディはママ、そして隣に住むバーナデットおばさんと生活を共にしている。知的障害があって23個の言葉しか話すことのできないママと外出恐怖症のおばさんとの生活は一応不自由はないものの何となく閉塞感がある。
全く手がかりがない自分のルーツ、そしてママが話す言葉の中で唯一正体のわからない言葉soof。知りたいけど、手がかりしかない・・・。そんなある日、引き出しの奥から何枚かの写真が見つかった。それは若い頃のママやママがいたかもしれない施設の写真。俄然ハイディの好奇心がふくれあがり、そして止められなくなる。アメリカの端から端へのたいした当てのない旅におばさんは猛反対。でも、あまりの熱意にやむなく認めてくれた。絶対はずしたことのないスロットマシーンで旅費を稼ぎ、いざ出発。真実にはたどり着けるのか?


爽やかな青空の表紙が目を引く本です。
読後感も非常に爽やか。完璧なハッピーエンドではなく、少し苦さのある終わり方ではあるけれど、主人公の成長や人の温かさの感じられる良い終わり方です。ヤングアダルト向けの本ではありますが、内容は決して子供っぽくはなく少々重く考えさせられるところの多い作品でした。

外出恐怖症のおばさんと知的障害がある女性と12歳の女の子が大して不自由のない生活を送っているという冒頭を始め(この理由はやがて明かされますが)、実際にはあり得なかったり、ちょっとうまくいきすぎだという部分も所々はあります。ただ、細かいところが非常に良く描写されていて、全体的には説得力のある話になっています。特に、「嘘」についての部分。登場人物の何人かほど極端な経験でなくても、誰でも思い当たり、そしてぐっと来る場面が多いです。

そして謎の明かされる部分。種をばらすことになるのであまり詳しくはかけないけど、人と人との愛の深さに感動します。ある意味生まれ変わったハイディ、そして彼女の良き友達ザンダーの幸せを祈らずにはいられません。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-09-17 17:53 | ヤングアダルト
最終更新から早一ヶ月半くらいが経過していました。
もともと夏ばてしやすい体質なのと落ち込むことが多かったのとで
何もやる気が起きず、ついついサボってしまいました。

ほとんど唯一の趣味の読書さえやる気がなくなってしまい、
そのことでまた落ち込んでしまったりと悪循環になっていましたが、
気持ちが好転する出来事や流れが続き、立ち直りつつあります。

また、少しずつ頑張っていこうと思います。
[PR]
by chirimendonnya | 2006-09-10 13:34 | 日記