コメント、トラックバックについては承認制を取らせていただきます。


by chirimendonnya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

連日、アメリカ大統領予備選の動向をやっていて、
そんなに興味はないけど、時々見ています。
前々から数え切れない数の風船が舞ったり、
手書きの応援ボードを持った人がたくさんいたりと
にぎやかだなー、と思っていました。
あ、あんまり英語がわからない私でも魅了される演説にも
一応注目しています。

そして今日、台湾の選挙戦の模様もテレビでやっていました。
候補者3人のポスターや
そのポスターの写真がデザインされたラッピングバス、
そして体育会系の選挙用はっぴやジャージ。
そのデザインがなんとなくツボにはまって
つい笑ってしまいました。
選挙戦そのものもなんか楽しそうです。

よその国のことだから気楽に見られるのか、
それとも実際にそういう工夫がされてるのかわかりませんが、
なんだかすごく選挙が楽しいものに感じられました。
[PR]
by chirimendonnya | 2008-01-12 22:57 | 日記

篤姫

新年となり、大河ドラマも第1回が始まりました。

昨年の風林火山は年間通して結構楽しく見ました。
変に新味を出そうとしないで男のドラマとしたこと、合戦シーンが多かったことで
あまりケチのつけどころがないよい作品だったと思います。
別に宣伝はしていなかったけど、これまでの武田信玄ドラマと比べると
正室の三条夫人の出番が多く、由布姫との対比がよく出ていました。
育ちも性格もまったく違うゆえの溝みたいなものが妙に納得できました。
そして池脇千鶴が三条夫人の穏やかなところも激しいところもしっかり演じていて
すっかりファンになってしまいました。


で、今日の『篤姫』第1回です。
配役がどうこうという以前に非常につまらなかったです。
なんというか社会の時間に教材用ビデオを見ている感じ。
ものすごくナレーションが多くてそのほとんどが説明。

意図はわからないでもありません。
主人公がこれまであまりなじみのない人物であること、
背景がいろいろ込み入っていることで、
視聴者に理解してもらおうということではないのか、と。
でも、ナレーターがほとんどずっとしゃべり続けているのはどうかと・・・。
こんなにつまらないんでは、次を見る気がなくなります。

名君と呼ばれた島津斉彬のスケールの大きさ、
若き日の西郷隆盛の登場など見所のある場面もあったのですが・・・。
あらすじや人物紹介を読んだ印象では、
これから面白くなるかもしれないので、チェックはしようと思います。
[PR]
by chirimendonnya | 2008-01-06 21:29 | テレビ番組