コメント、トラックバックについては承認制を取らせていただきます。


by chirimendonnya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2009年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

花粉がやってきた!?

たびたび書いているように私は重度の花粉症です。
小学生の頃から忘れられない思い出は多々あります。

卒業式は必ず花粉症シーズンでマスク着用、悲しかったな。

その中で苦笑い半分の思い出があります。
それは小学校6年生の時。
校内放送で花粉症の特集をすることになり、
保健委員の子がいろいろ取材をしていました。
当然、花粉症の人にも取材することになり、彼らが選んだのが私。
かくして、私が語った花粉症エピソードが校内放送で流れました。
涙で目がびしょびしょするとか、くしゃみがとまらないとか・・・。
もちろん、名前は流れませんでしたよ。


[PR]
by chirimendonnya | 2009-02-23 15:39 | 日記
暑かったり寒かったり、という訳のわからない天気が続きます。
でも、洋服屋さんの広告やファッション誌は少しずつ春色に変わっています。

大人の女性向けのセレクトファッションサイトmirabella (ミラベラ)の
各ブランドでも春向けアイテムが次々と登場しています。
扱っているブランドやアイテムはこんな感じ。

メリッサ(靴・サンダル)

イランイラン(シュシュ・ワンピース など)

EMU(ムートン ブーツ)

マーガレットハウエル(コート・ワンピース・シャツ など)

レベッカテイラー (スポーツ・テニス・ランニング・ヨガ など)

GVGV(ドレス・シューズ・バッグ など)

イーリーキシモト(コート・ドレス・ワンピースなど)

サロット(カーディガン・ニット・財布・ダチョウ プリントなど)

VIA REPUBBLICA(コート・ドレス・ワンピース など)

ファリエロサルティ(バッグ・ショルダー バッグ・トート バッグ)

フラボア(ストール・カシミヤ シルク)

ファンデーションアディクト(ドレスなど)

シトラスノーツ(キャミソールなど)

ルシアンペラフィネ(カシミア ニット・傘 など)

イリアンローブ(ニット)

ステラマッカートニー(コート・ドレス・バッグ)

ダイアンフォンファステンバーグ (ワンピース・ドレス)

ミュベール(Tシャツなど)

Y-3(コート・ドレス・デニム など)

アディダス ステラ マッカートニー (バッグ・アディダス スニーカー・スポーツなど)


その中の一つが”レベッカ テイラー”。
バレエの衣装やデザイナーが
子供時代に過ごした場所からインスピレーションを得たという
コレクションはガーリーでキュート。
サラ・ジェシカ・パーカーやキャメロン・ディアスといった
おしゃれセレブも顧客になっているこれから注目のブランドです。
女の子がかわいいと思うデザインを心がけているということですが、
私はこの春物のパーカーなんて甘すぎないガーリーさが
いいと思います。シンプルながらも細かいディテールにこだわりが感じられます。


レビューブログより
無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
[PR]
by chirimendonnya | 2009-02-23 15:17 | 日記
ということを2時くらいに外出から帰ってきた家族から聞いてびっくりしました。
びっくりついでにテレビを見ると、あちらこちらで特集をやっていて
本当にとったんだなあ、と思いました。

地味な題材なのに大ヒットしていると聞き、
不思議に思っていたんですが、
その秘密は納得のいくまで役作りを極めた主演の本木雅弘さんと
丁寧な作りの作品にありそうです。

何でもユダヤ教でも葬儀の際には死者の子供が
体を清めてあげる習慣があるそうです。
それに限らず、テーマの普遍性が受賞の理由の一つになっているのでしょう。
[PR]
by chirimendonnya | 2009-02-23 15:01 | 映画
最近はヤンキー映画の公開が多いですね。
公開すると確実に人が入るのか、
それとも映画化したくなるような作品が
たまたま多いのか。

2月28日公開のエリートヤンキー三郎もその一つかもしれません。
ただし、強烈バカ映画であってまじめに喧嘩する映画ではないのでそこのところお間違えないように。
予告動画からして、三郎軍団(バカ)と紹介するなど、全開です。
べたべたなヤンキーコスチュームといい、妙なのりといい、
本年度ナンバー1バカ映画を狙っているだけあって、爆笑が期待できそうです。
公式サイトいったら人物紹介のところでお地蔵さまがしゃべっているし、
すでにおかしいです。この調子で全編バカを貫いてほしいと思います。


[PR]
by chirimendonnya | 2009-02-22 17:44 | 映画
いよいよ花粉症の季節が始まりましたね。
マスクと保湿用ティッシュが私のお友達です。
もちろん、耳鼻科にも行って薬をもらいました。

さらに飲むと多少は症状が治まる紅ふうき茶や
家具と鼻がすっとするペパーミントの製油なんかも取り入れています。
どちらもなかなか効果があると思います。
あとルイボス茶、甜茶なんかも効果があるといいますし、
本当に花粉症対策っていろいろだと思います。
早めに対処すればいい、て言うけれど、
今年はまだ大丈夫と思ってなかなかうまくいかないものです。
みんなで考えるセルフケアとかあるのかなあ。

鼻水、くしゃみもつらいけど、目のかゆみもどうしようもありません。
眼球を取り出して洗いたいくらいです。
ほんと、いいアレルギー用目薬はないかと…。
そしたら、なかなかいいのを見つけました。
マイティアの姉妹品の「アルピタット」です。

アレルギーだけでなく、目の異物感や充血にも効くそうです。
ものはこんな感じ。

みんなで考えるセルフケア
[PR]
by chirimendonnya | 2009-02-22 17:26 | 日記
あらすじ:
ウィルはロンドンに住む14歳の少年。博物館長の父親の影響を受け、穴掘りが大好きだ。ある日、その父が失踪してしまい、親友チェスターとともに閉じられたと思われるトンネルを掘り、ある場所にたどり着いた。それは地下に広がる広大ない世界だった。

久しぶりに書評を…
ご多分にもれず、「私もハリー・ポッターの次はこれ」みたいなキャッチフレーズに釣られまして。
読んで損だとまでは思わなかったけど、個人的になんだかもったいない本です。
ユニークな登場人物や話のあちこちに潜むユーモアは楽しめたけど、
じゃあ、おもしろかったかといわれると、ちょっと考えてしまいます。
SFの古典『タイムマシン』を思い出させる地下世界にはわくわくしましたが・・・。

なんだかちょっと中途半端なところで逢わってると思ったら、続編があります。
そこでいろんな謎が解き明かされるみたいなので、今度読んでみようと思います。
[PR]
by chirimendonnya | 2009-02-21 20:55 | ファンタジー

チーズの仕組み

たまたま見ていた教育テレビで解説していました。
牛乳の中のたんぱく質と酢がくっついてチーズになるんだそうです。
私は脂肪分と酢がくっつくと思っていたので発見です。

今日もやってみました、チーズ。
フワフワ感が好きなのでガーゼで裏ごしとかしないでそのまま食べてます。
普通の固形チーズがいい人はガーゼで裏ごしして水分を抜くと
よりチーズらしくなると思います。

レモン汁がなくなったのですでやってみたらこっちのほうがよく固まり、
味もおいしかったです。牛乳は低脂肪乳(脂肪分1%)を使ったけど、
ちゃんと固まったので脂肪率は無関係みたいです。
[PR]
by chirimendonnya | 2009-02-20 21:51 | 日記

昨日の続き

昨日やった「牛乳にレモン汁」が自分的にツボだったので
また今日もやってみました。

今日つかったのは普通の3.5牛乳(給食とかで出てくる200mlパック)。
それにレモン汁20mlとにがり5滴を投入。
数回じゃかじゃか振る。
レンジで4分加熱。

チーズですね、これはたぶん。
昨日のよりもおいしいです。
味がしますもの。
[PR]
by chirimendonnya | 2009-02-19 15:47 | 日記
ほんの出来心から変な実験をしてみました。

低脂肪乳マグカップ1杯にレモン汁ティースプーン2杯とにがり5滴を足して
レンジで2分間加熱してみました。

すると結果はふわふわとした個体?とヨーグルトの上澄み液のようなものにわかれました。
口に入れてみると、個体のほうはほのかにレモンの味はしますが、ほとんど無味無臭。
液体のほうはヨーグルト味でした。

これが4.0牛乳だったり、レンジでの加熱時間を長くすると
どんなふうになるんでしょうか。
ちょっとやってみたくなったりして。
[PR]
by chirimendonnya | 2009-02-18 20:33 | 日記

セレブと貧乏太郎

おわったドラマ第2弾。

ストーリー
父は超大金持で自分はセルフプロデュースのアパレルメーカーを経営するセレブ美田園アリス。彼女は超わがままで運転手がしょっちゅう変っていた。かたや最愛の妻をなくしたあとは3人の子とともにビンボー生活を送る佐藤太郎。太郎が運転手の求人広告に応募し、採用されたことで交わるはずがなかった二人が出会う。これまでも行く場所いく場所大騒ぎだったアリス。このドラマでは太郎の近所の人たちも巻き込み、ドタバタを繰り広げる。

底抜けに明るくてばかばかしくて、時々ちょっとほろっとさせられる。
こういうドラマ、私わりと好きなんです。
元気がもらえます。

外国人の役をどこから見ても日本人がやってたりとか突っ込みどころは
多いです。でも、そんなのは言うだけ野暮。楽しんじゃったもん勝ちです。

超わがままだけどキュートで憎めない上戸彩と単純で人のいい上地雄輔
はそれぞれの持ち味を存分に発揮してます。
そしてアリスの秘書役の郡司とみどりのコンビやおせっかいな近所の人たちもホントいいキャラしてました。
主役カップルを終始温かく見守っていた太郎の幼馴染役の国仲涼子とタカビーなアリスの義母
若村麻由美も忘れてはいけません。

そして最後にはハッピーエンド。存分に楽しませてもらいました。キャラとドタバタを楽しめる人にとっては買いです。
[PR]
by chirimendonnya | 2009-02-15 22:26 | テレビ番組