コメント、トラックバックについては承認制を取らせていただきます。


by chirimendonnya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
GRを読み始めて一番良かったと思えることの一つは、昔大好きだった本にもう一度出会えることです。特に、秘密の花園はそのおかげで良さを再確認し、日本語の完訳版やDVDまで手にしてしまいました。妙にいい子過ぎない主人公、気分の良いストーリー展開、文章から伝わってくる自然のすばらしさがこの作品の魅力です。もう何度も読んでいるのですが、手に取るたび、感動してしまうそんな作品。

では、GR2冊と日本語版、DVDのご紹介を。

『The Secret Garden』penguin level2
40ページくらいの薄い本。薄いけれども、あまり省略し過ぎな感じはなく、よくストーリーをつかんでいると思います。

『The Secret Garden』Oxford Bookworms level3
上の本よりはやや難しめですが、こちらも易しい英語で書かれています。この本で初めてみる場面(短いながらも結構重要だと思います。)もあり、非常によい内容の本でした。その場面を詠みはじめたとき、驚くと同時にすがすがしい気持ちになりました。

それでは、続きはまた明日。
[PR]
# by chirimendonnya | 2004-10-14 18:07 | 洋書
今回はMagic Tree Houseシリーズについて少し。
この本はGR(語彙制限有りの本)ではなく、児童書です。本来のターゲットは小学校低学年くらいでしょうか。ストーリーは、石橋をたたいても渡らないような慎重な性格の兄とお転婆な妹が、タイムスリップしていろいろな冒険する、という話です。シリーズもので30冊くらい出ています。それとは別に、二人がタイムスリップする時代や出来事の解説本がやはり同じくらいの冊数出ています。二人の行き先は恐竜時代や古代エジプトなど。忍者が出てきた本もありました。

元々のターゲットがターゲットなので、ストーリーに多少の割り切りは必要ですが、英語の本への足慣らしには有効な本です。個人的には、タイムスリップするストーリーには特に違和感を感じませんが、毎回これから面白くなりそうなところで終わってしまうのが残念です。それさえ割り切れれば、二人のやりとりはなかなか面白いし、のんびり楽しめました。

最近は日本語訳が出ていて、小学校低学年の子供達に人気とのこと。ぱらぱらめくってみたら、原書の3話分が1冊に収録されていて結構お買い得です。大人には食い足りないストーリーも、子供達から見れば十分楽しめるものだと思います。シリーズを読み進めていけば、歴史だけでなく、環境問題などにも関心が持てるようになっているので、親にとってもありがたい本といえるでしょう。
[PR]
# by chirimendonnya | 2004-10-13 20:40 | 洋書

映画のGR

映画を元にしたGRは、レベルを問わず、多く出版されています。
penguinGRがほとんどでしょうか。
書店で探していると、半分くらいを占めているようです。
有名映画を元にしていると、とっつきやすさから手に取る人が多いからだと思われます。この私もその一人なのですが、なかなか映画と同じように面白いものには出会えません。やっぱり、絵があるから面白かったんだ、と思うことがたびたび。映像でないと表現できない微妙な面白さって、ありますものね。

その代表だと思ったのが、Mr.BEEN IN TOWNです。
英語自体は簡単で読みやすいのですが、ミスタービーンの行動を文章にしたところで、さっぱり面白くありません。映画自体がテレビ版と比べると面白くないのですが、それを差し引いても失敗でした。

逆に映画が良くなかったのに、本が良かったのはPRINCE OF EGYPTです。
こちらは吹き替え版を選んだ自分も悪かったのですが、(歌まですべて日本語吹き替えで聞きづらく、訳がわかりませんでした。)全く面白いと思えませんでした。でも、この本では、出エジプトのドラマが十分に味わえ、大満足でした。

この他にもいろいろ映画のノベライズには手を出しましたが、当たりはずれ半々といったところでしょうか。でも、映画が面白くて本がはずれだとがっかり感もひとしおです。ま、それは普通の本でも同じこと。これからもいろいろと探してみようと思います。
[PR]
# by chirimendonnya | 2004-10-12 21:03 | 洋書

ご挨拶

こんにちは。ちりめん問屋と申します。
以前から続けている簡単な洋書の読書記録をつけてみたいと思います。
ブログとともに英語も少しは上達しますように・・・。
[PR]
# by chirimendonnya | 2004-10-11 10:30 | 日記